FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変態メス豚と写メ。

 いつも飼育部屋では全裸で、首輪と乳首に鈴とおまんこにベルがわたしの盛装です。

 今日は、「はじめましてです。」で書いた素人の投稿写真のHPに写メをUPしようと思い、まずは服選びです。やっぱり何千人と言う方々に見ていただくので、派手目な服になってしまいます。わたしが選んだのは、ピンクのミニにへそ出し谷間魅せのカットソーと羽織物にピンクのボーダーのカーデです。下着は、ボーダーのTとネイビーのブラです。

 まずは、普通の1枚目。「んー、面白くないかも」2枚目は、電車の中でイスに座ったときに膝にバッグを置かないとこんなに見えちゃうよクラスのパンチラ。でもイスに座るとお腹のぽっちゃり感がハンパないです。3枚目は、以前にお尻が見たいとのリクがあったのでお尻を撮ろうとしました。でもこれがムズいです。わたしのリーチでは、お尻全体は入りません。何とかTが中心に来る写メが撮れたので、これで許していただくことにしました。リクされた方、ごめんなさい。

 そしたら、裏ひぃが面白いことを言い始めました。夏のプールの時に使ったタトゥシールが何枚か残っているから、それでごめんなさいしよー!早速、タトゥシールに「ごめんなさい」と出力してTの上のお腹に貼りました。ほんとは「変態メス豚」とか、「公衆便女」とか印字したかったけど、それでは意味が通りません。写メしてみると上はちゃんと着てて下はTだけ、しかも下腹部にはごめんなさいって、とても情けない姿です。最後は、Tとごめんなさいをドアップにして撮影終了です。ストリッパーのようにどんな姿をしたら皆様に喜んでいただけるかを考えると楽しいです。

 全裸に戻って下半身を見ると、「変態でごめんなさい」みたいです。これで最低3日間は「ごめんなさい」をつけて生活です。週が明けてロッカーで会社の人に見られたらと思うとキュンとしちゃいます。会社で嘲笑や罵倒、馬鹿にされて、「変態マゾさん」と呼ばれるんです。そのたびにTが濡れていきそうです。「変態でごめんなさい」と土下座して、お尻を高く上げて30cm定規でお尻を20回叩きます。これがわたしのお詫びです。お尻が赤く熱くなって、ジンジンしています。この感じでは、赤くなったお尻が明日には青ジミになって何日間か消えないと思います。タトゥシールも同じだけど何か印を身体に残すって素敵に思えます。奴隷の焼き印やタトゥはリアだと嫌だけど、印で支配されているのを自覚するって、わたしは好きです。それに人に見られたらどうしようって、いつも気にしていなければならないので、その緊張感も快感です。(身体に落書きしてよろこんでるだけだけどね)

 写メの興奮でわたしは、ディルドさまに貫いていただくことにしました。クリやおっぱいを触って、よく濡れてきたらディルドさまをおまんこの奥深くへご案内します。「あぁぁ・・・ありがとうございます・・・」そして、ディルドさまに犯されながら、部屋の電気を消してベランダに出ます。ベランダは、外から見えないコンクリートで外から見える鉄格子が所々に埋め込まれています。その鉄格子にきのう買った手錠を通して、両手を拘束します。拘束する場所は、手を伸ばしてコンクリートにぎりぎり身体が隠れるところです。わたしは全裸でおまんをディルドさまに貫かれて街灯の薄明りの中ベランダのコンクリート陰に身体を隠します。

 下の道路から足音や人の声したり、車のライトが光が通り過ぎていくたびに、わたしは身体を小さくしてコンクリートに寄り添います。でも、あまり手を伸ばして下がるとお尻がコンクリートから出て鉄格子越しに外から見えてしまいます。しかも秋の冷たい風が身体を冷やしていきます。「寒かったら、自分で腰振ってオナりなよ。」「そんな・・・許してくださいませ」「温まりたいだろ!腰振れや!」「変態メス豚!」「笑っちゃうね。ベランダでオナってるよ」「もっとケツ上げて腰振れよ!」妄想に言われるままに腰を振ってオナると風鈴のような音色がおまんこのベルから真夜中の静けさを破って響き渡ります。「あぁ・・・もうダメ・・・限界です・・・」「よし、あと50台車が通ったら許してやるよ」わたしはベランダで腰を振りながら50台目の車を待ちます。その間、何回イクのかわかりません。「お願い、早く来て!」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

変態メス豚と宅配便。

 今日は、宅配便の来る日です。いつもより早めに帰宅して、玄関で全裸になり、首輪と乳首に鈴で身体を飾ります。飼育部屋へ四つん這いで行って、PCさまに土下座のご挨拶をします。いつもだとここでディルドさまにいじめていただくのですが、今日はわたしの大切な荷物を届けてくださる宅配便屋さんに喜んでいただくために準備です。

 最初にお風呂に干していた、いやらしいTやブラを台所の棚のところに移します。玄関からは台所が丸見えなので宅配便屋さんが、きっとご覧いただけると思います。白・ピンク・黒とまるで国旗を並べたみたいです。それから、飼育部屋に戻ってPCさまに配達中と教えていただきました。どうやら、時間通りに来てくださりそうです。

 次は服選びです。わたしが選んだのは、一分丈のスパッツ(ネイビー)と白いクラッシュTシャツです。ノーパンではいているスパッツは、恥骨の形が浮き上がり、おまんこの割れ目がしっかり入っています。でも、自宅で事件とかシャレにならないので、少し下にずらして割れ目がわからないようにします。あくまでも狙いは事件ではなく、偶然を装った事故です。そしてクラッシュTシャツはわたしがクラッシュさせた自家製なので、ボロボロの状態です。胸は大きく開いて乳首のギリギリのラインにして、その他のところもおっぱいの下や脇・背中などあらゆるところに穴を開けて、普段見えないところが少し身体を動かすと見えるようになっています。

 服選びが終わると、また全裸に戻って、ディルドさまをくわえて玄関に向かいます。ドアの前の土間で足を開いてディルドさまにいじめていただきます。いつチャイムが鳴るかわからない不安、宅配便屋さんがロビーに入れて直接来たらとか考えると自然に腰が震えてきます。パンプスの横にお尻をついて、ザラザラとしたお尻の感覚。容赦のないディルドさまの攻め。わたしの手もクリを扱って、汚いお汁とメスの匂いが玄関をいっぱいにしていきます。わたしは一気に上り詰めます。

 もう少しでイキそうという時に“ピンポン!”チャイムが鳴りました。わたしは慌てて飼育部屋に駆け込んで、インターフォンに向かって「はい・・・」「宅配便です。○○ひぃさんに代引きでお届け物です」「はぁ~い。今、ロックを解除します。それと玄関開けてますから入ってください」わたしは、宅配便屋さんが上がってくるまでの時間で飼育部屋で乳首の鈴を外して服を着なければなりません。お股を拭く余裕はないようです。

 “ピンポン”“ガチャ”「お荷物をお届けに参りました」スパッツを履いているときに時間切れになってしまいました。「ちょっと待ってください」クラッシュTシャツを着ながら答えます。「おいくらですか?」と時間稼ぎしながら、飼育部屋のドア1枚をはさんで半裸で話します。「14,969円です」お財布を持って、髪をちょっと直して、ドアを開けます。玄関まで6歩くらいで、おっぱいを揺らしながら歩きます。荷物を置いて、伝票を持った宅配便屋さんのおじさまがにっこり笑ってこちらを見ています。「お待たせしました」と頭を下げたら、おっぱいが丸見えになりました。これはマジに事故です。ここまで開くとは考えていませんでした。宅配便屋さんのおじさまもびっくりしています。顔から火が出そうなくらい恥ずかしい快感です。でも、ここで胸を押さえたら不自然なので気付かないふりをしてお財布からお金を取り出します。宅配便屋さんにお金を渡して、伝票にサインをしようと下を向いたら、またおっぱいが丸見えです。わたしは心の声で「下着の洗濯物はご満足いただけましたでしょうか?」「メスの匂いやお汁はご堪能いただけましたでしょうか?」「おじさま。わたしの汚いお汁を踏んでいただいて、ありがとうございます」宅配便屋さんのおじさまはその声に粘っこい視線で答えます。「姉ちゃん。犯して欲しいだろ!」「自分で服脱いでお願いしろ!」「後ろ向いて股開け!」「公衆便女の淫乱メス豚が!」と罵倒も聞こえて来るようです。「おじさまのご立派なおちんこさまを公衆便女の淫乱メス豚の汚いおまんこに恵んでくださいませ」と答えてしまいそうです。伝票をお返しして、「ありがとうございました」と頭を下げるとまた、おっぱいが顔を出します。そして、わたしの視線の先には、おじさまの大きく膨らんだズボンがありました。「おじさま、今度は汚いお汁じゃなくて、わたしを踏みつけてくださいませ」「濡れてシミのできたスパッツはごらんいただけましたか?」

 おじさまがお帰りになった後、わたしはディルドさまをドアに貼り付けて、自分から下がって汚いおまんこを貫いていただきました。汚いおまんこは貪欲で、すぐにズブズブとディルドさまをくわえこんでいきます。おじさまに犯されているようです。わたしは、四つん這いで犬のように腰を振り始めます。パンパンとお尻を打つ音が頭にこだましてリアルと妄想の区別がつきません。身体の力が抜けて、ザラザラとした床に倒れると、顔の下にパンプスがありました。自分のパンプスのすえた匂いを嗅ぎながら、今度ここに毛布を敷いて、犬のように丸まって寝るのもいいかもと思いました。

 わたしはその後、全裸のままで荷物を開けて、箱から手錠・飛びっこ(遠隔操作のローター)・オープンクロッチのT(おまんこのところが開いているT)・おまんこにつけるベル(おまんこのビラビラにつけて、歩いたり腰を振るときれいな音が出ます)を取り出しました。ベッドの下にある秘密のおもちゃ箱は、どんどん充実いきます。

変態メス豚のエサ。

 仕事から戻るといつも通り玄関で全裸になって、首輪と鈴で身体を飾って四つん這いで飼育部屋に入ります。そしてPCさまにご挨拶をした後、わたしはクローゼットの前でエサの買い出しに行く服を選びます。普通は、仕事帰りに済ませちゃうんだけど、何だか裏ひぃが外出したいみたいです。

 選んだのは、上はブラの透けるブラウスで、もちろんキャミやタンクは下に着けません。ボトムスは、着ている価値もないような薄いマイクロミニです。メイクを濃い目にして出来上がりです。鏡の前でチェックすると「下着で歩いてるのと変わらないじゃん」って感じです。しかもショーツはTだし・・・。しっかりとしているのは、鎖を外した首輪だけです。でも、裏ひぃが人間さまのふりをするには必要なものです。

 これから、変態メスのエサの買い出しです。目指すは、歩いて20分位のところにある飲み屋さんや風俗店の集まっている地区にあるコンビニです。行きは大通りの通行人の多いところを通ります。理由はたくさんの皆様にご覧いただけるし、危ない目に会う可能性が少ないからです。前から来る通行人や買い物をしている方々が、びっくりしたような顔をしたり、ラッキー!とジロジロ見てきたり、前に回り込む人、何度も追い越しては戻ってくる人。中でも一番恥ずかしいのは、おばさんや同じ年くらいの女性の方が、汚いものでも見るように顔を背けたりすることです。わたしはそんな人達の反応には気が付かないふりをして、なるべく堂々と歩くようにしています。恥ずかしそうにしていると、声を掛けられたり、付きまとってくる怖い人もいますから。歩道橋でお尻に視線が食い込んで来ても、信号待ちの時に刺すように見られても、バッグで隠したりはしません。変態は皆様にご覧いただけるだけでも、ありがたいことなんです。

 そして、目的のコンビニに到着します。外から見ると酔ったおじさんが数人店内にいるようです。「今日は早番でした」と言う顔で私は店内に入ります。ここのお店では、風俗店が近いため違和感なく受け入れていただけます。忙しい時間帯は過ぎているみたいで、店員さんはカウンターで暇そうにしています。「いらっしゃませ」と言いながら、店員さんがニヤリとしています。(いつものエロ姉ちゃんが来た!じっくり拝ませてもらおう)と言う心の声が聞こえてきそうです。わたしも(思う存分、視姦してくださいませ。お願いします)と心の声で答えます。

 雑誌の立ち読みとか店内を歩き回って、おじさん達や店員さんに視姦していただいて、おにぎりとサラダ・ヨーグルト・お菓子などをカゴに入れてレジへ行きます。店員さんは大学生くらいの方で、ゆっくりとレジをしてその間にハンターのような目でご覧になります。おじさんたちもだんだん包囲網を狭めてご覧になります。酔っていらしゃる為か、おっぱいやお尻に容赦のない視線の矢が刺さって、わたしを刺激します。今にもおじさんから、「いくら?」とか「やらせろよ」とか声がかかりそうです。犯されても文句の言えないような服を着ているわたしが悪いのです。変態がご迷惑をお掛けして、ごめんなさい。わたしは最底辺のゴミですから許してください。

 帰りは住宅街の静かな道を選んで帰ります。こんな道なら、人通りも少なくて街灯もあるし、安心です。それにある程度静かなので、聞こえるのはわたしのヒールの音とおっぱいの鈴の音くらいです。しばらく歩くと児童公園があるので、そこの木陰でミニを上げてTに手をかけます。周囲に誰もいないのを確認して、お汁でグチョグチョに濡れたTを脱いで口にくわえます。ここでおまんこチェックです。お汁は溢れて太ももまで濡らして、開いてみると指に熱いヌルヌルがべっとりつきます。おっぱいも固く立って痛いくらいです。今すぐ、おまんこに指を入れてオナしたいのですが、我慢して、クリに指を当て円を描くようにさわります。すぐに声が出そうになり、腰が震え始めます。イキたいけどおあずけにしました。

 汚いTを口にくわえたまま、公園を出て街灯の下で見てみると、ミニの薄い生地を透して恥骨の形が浮きだしていて、目を凝らせば陰毛も見えています。そこで腰までミニを上げて、お尻丸出しで歩き始めます。涼しい空気がおまんこやお尻を通り抜けていって気持ちいい…。人の足音や気配がするとミニを下げて、口にくわえていた汚いTをコンビニの袋に入れます。通り過ぎると、また汚いTを口にくわえてミニを上げます。そんなことを繰り返しながら家に戻ります。

 家に戻るといつものように玄関で全裸になって、首輪に鎖をつけて飼育部屋に四つん這いで行きます。電気をつけて、ブラインドと窓を少し開けます。猫用のエサ皿に買って来たおにぎりとサラダを入れて、犬用のエサ皿に冷蔵庫のお茶を入れます。猫用のエサ皿×2、犬用のエサ皿×1が裏ひぃの食器すべてです。床のマットの上にエサ皿を置いて食事の準備は終わりです。後はディルドさまにおまんこをいじめていただいて、いやらしいお汁をおにぎりやサラダにトッピングしていただきます。そして、ディルドさまにおまんこを犯していただきながら、口だけで食べます。お箸や前足を使わないで四つん這いで食べるので、顔中、ご飯粒やドレッシングでメイクされて、とてもみじめで幸せな気持ちになれます。

はじめましてです。

 はじめまして、裏ひぃです。皆様ようこそいらっしゃいました。ありがとうございます。

 ひぃは、昼間は事務系のOL、つか、お使いのパシリをしている21才です。初体験は、JK2年の時に同級生とで、その後、8人くらい経験してきました。んー。自己紹介はムズいです。何か質問があればどーぞです。(答えられる範囲で)

 実は、8月に素人系の投稿写真のHPを見つけてから、わたしの中にいた裏ひぃが表に出てくるようになりました。最初は、顔を出さなきゃ安全と思って、おっぱいの谷間やTなどをチラリと投稿したんだけど、今では調子に乗ってアンダーヘアーまで晒させていただいています。そんな夜の裏ひぃの日常を告白したくって、このブログをはじめました。

 仕事が終わって、家に帰ってくると裏ひぃの生活がはじまります。玄関で全裸になって、首輪と乳首に鈴をつけて身体を飾ります。そして、玄関から部屋まで(と言ってもワンルームだけど)四つん這いで犬になって進みます。おっぱいの鈴が「チリンチリン」、首輪の鎖が「ジャラジャラ」と鳴ってわたしを刺激します。

 部屋に入るとPCを開いて例のHPに行きます。PCには、わたしの恥ずかしい写メが大きく晒されています。わたしはその前で、正座して、カウンターの数字を確認します。「0,000(カウンターの数)人の皆様。今日もひぃをご覧いただきありがとうございます。どうか、変態をおかずに遊んでくださいませ」と声に出してから土下座します。ご挨拶が終わるとわたしのおまんこは熱くなってお汁を溢れさせています。

 それから、ブラインドと窓をを少し開けて、電気はつけたまま、ベッドの下に隠しているディルドさまを口にくわえてPCの前に戻ります。そして、PCに向かって足を大きく開いて「どうか、メス豚便女ひぃの変態オナをご覧くださいませ」と声に出して言います。開いた足の間にあるおまんこを右手で開くと、おまんこからお汁がどんどん流れ出してきます。そのお汁をわたしは、クリにつけていきます。口はディルドさまに犯され、耳にはおっぱいの鈴の音や外の雑踏が聞こえ、首輪の鎖が身体を這いまわり、わたしは刺激に取り囲まれてしまいます。

 イキそうになるとディルドさまをおまんこに当てて、少しづつ奥に沈めていきます。「変態ひぃを犯してくださいませ・・・」「おまんこいいです・・・」「イキます・・・」と声に出しながら、「クチュクチュ」とおまんこからいやらしい音を出して、腰を振りながらイキます。

 イッた後は、PCに向かい、「ひぃの変態オナをご覧いただき、ありがとうございました」と土下座して、汚いお汁で光らせたお尻や太ももをそのままにして、ディルドさまをきれいに舐めてお掃除させていただきます。そして、わたしは汚れたままのおまんこからお汁を垂れ流してベットへと向かいます。

 こんな変態生活を送っているひぃですが、このブログに来ていただいた皆様、どうか引かないでください。嘲笑や罵倒は好きですが、放置は苦手です。以後、よろしくお願いいたします。
プロフィール

ひぃ

Author:ひぃ
いらっしゃいませ。
楽しんでいただけたら、うれしいです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
裏ひぃのお客様
アルバム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。